Webマーケに役立つツールやノウハウ、プログラミングのちょっとしたTipsなどを記録したノートです。

Twitter APIアカウント申請が厳しい!承認されない時の対処法

twitter社の審査は厳しくなっているようだ

developer account申請

TwitterAPIを使うにはアクセスキーとトークンを取得する必要があり、そのためには developer accountを申請し承認される必要があります。
apps.twitter.com へアクセスし「apply for a developer account」を押下して申請フォームに進みましょう。※twitterアカウント でログインしている必要があります

申請内容

ログインしているTwitterアカウント と紐付ける電話番号を求められます。
その後、審査に当たって以下の項目に英語で答える必要があります。入力ボックスは1つなので全てに答えなくても良いかもしれませんが、なるべく詳細を記入した方が「レビューと承認が容易になります」と記載されていますので、できるだけ詳しく記入しましょう
・あなたの製品やサービスの目的は何ですか
・あなたはユーザー/顧客に何を届けますか
・ツイート、Twitterユーザー、またはそのコンテンツをどのように分析するつもりですか
・Twitterデータは最終製品またはサービスのユーザーにどのように表示されますか(たとえば、ツイートやコンテンツは行レベルで表示されるか、または集計されますか?)

Google翻訳などのツールを使えば英語にすることはそんなに手間ではないかと思いますが、そもそも日本語でも内容に答えるのが簡単ではないかもしれません。尚、審査結果によっては「もっと詳しい情報を教えてくれ」と追加情報をリクエストされることがあるため、申請内容は手元に保存しておきましょう。申請内容を記載したメールはTwitter社からは送信されません(2018年8月現在)

承認されるまでどれくらいかかるの?

2018年8月に申請した際には23日かかりました。
申請が完了するとすぐに「受け付けましたよ」のメールが届きますが、現状は審査時間が結構かかる印象です。途中、何の連絡もないので英語でどうなっているのか確認メールをしましたが、、それに対する返事はありませんでした。。

審査結果メール

申請してから待つこと20日、ようやくTwitter社からメールが届きました。
やっと承認されたか、と思ってメールを読むと「レビューのためにもっと詳しいユースケースが必要だ」という内容で、追加情報をリクエストされました。この段階ではまだ承認されず、レビューが継続している状態です。
申請時と同じようなことを聞かれている気がしてしょうがなかったですが、長くなってもいいやと思い、なるべく具体的に記載し返信しました。

Twitter社からのメール。こんな観点の情報をもっと詳しく書きなさい、とのこと

もし承認されなかったら・・・

具体的な情報を追加して、今度こそ!と思い連絡を待っていると今度は24時間以内に返事が届きました。
結果は、、、、「承認できません。もっと詳しい情報を書きなさい。さもないと、リジェクトされます」と言うクールなメールでした。
えーーーーーー!と本当に声を出してしまいそうなショックを受けました。なぜならかなり詳細に情報を追加したつもりで、これでリジェクトされるなら、、一体どんな人が承認されるんだろうと不思議で仕方なかったです。
気を取り直して、と言うかどうやって返信しようか考えていたら1日以上経っていました。すると、またtwitter社からメールが届きました。あぁ、返信が遅いからリジェクト通知が来たかと恐る恐るメールを開くと、、


「承認されました」の通知が!

Twitter社からのアカウント 承認通知メール

気を揉んだ結果、放置していたことが吉報を招いたような気もします。焦ってさらなる追加情報を送ったらリジェクトされていたかもしれません。

今回の結果から言えることは「果報は寝て待て」

たまたまかもしれませんが、もし皆さんもTwitter社から追加情報を求められたら、1日くらい置いておくと、何か変化が起きるかも、しれません。メイビー。

皆さんのリクエストが承認されることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です